作業員・建設作業員 2Dcad


このダウンロードサイトでは、作業員・建設作業員のCADデータがたくさん用意されています。
作業員・建設作業員のCADデータは、施工計画書に添付する資料などにも活用できます。


工事現場では、安全に作業を行うことが最も重要です。
そのためには、どこに危険性が潜んでいるのかしっかり考慮した上で、施工計画を練らなければいけません。

CADデータは、建設作業員の安全な作業シミュレーションに最適なツールです。
また、わかりやすい施工計画書の作成にも、CADデータは役立ちます。

建設工事では、関係者間で情報を共有する必要があり、工事情報は、工事の進捗状況に応じて柔軟に変える必要があります。

CADデータを活用して、施工計画書に、挿絵や図をうまく活用することで、全ての工事関係者に、わかりやすく内容を伝えることが可能です。

また、修正箇所があった場合にも、手書きの施工計画書に比べて修正しやすく、正確に設計や作図修正を行うことができます。


そこで、記事の後半では、作業員が安全に作業できる環境作りに、CADデータを上手に活用する方法を紹介しています。


施工計画書の作成に、建設作業員のCADデータをお探しの方は、次の項のCADデータリンク集を、是非ご活用ください。




作業員・建設作業員 2Dcadデータ

トラスト

トラスト
エクセルデータ集には、工事日報や見積書作成など、書類作成に使えるエクセルデータがアップされています。CADデータ集には、建設機械や人物画像、樹木、U型側溝などのデータがアップされています。PDFで確認後、jww、dxfなど4つのファイル形式からご自身に合ったものを選んでダウンロードします。「3Dデータ活用法」では、フリーの3Dソフト「Google Sketch Up」の活用法を紹介しています。このサイトでは、作業員・建設作業員などの、2Dcadデータが紹介されています。

都島工房

都島工房
建設現場の災害事例と安全作業の図面・イラストが掲載されています。脚立作業中の人、運搬作業中の人、玉掛け作業中の人、高所作業中の人、つまずく人、滑る人、地中ケーブルを施工する人、警告灯を持って警備する人、機械運転者に合図を送る人などのイラストがあります。

建設作業員 cadデータ Google

建設作業員 cadデータ Google
建設作業員のCADデータが、見れます。検索から多数のアイテムを表示できます。建設作業員の仕事には、かなりの種類の仕事があります。大型の工事や公共工事で建設作業員が行う仕事は、道路・河川・ダム・橋梁・建築物などがあります。多くの現場で活躍する建設作業員のポーズが掲載されています。

作業員・建設作業員 2Dcadデータ その2

All-free-download.com

All-free-download.com
作業員・建設作業員などのCADデータ、シルエット画像が揃っているサイトです。フリーベクトル、無料の写真、Webテンプレート、フリーアイコン、無料PSD、フリーフォント、無料の映像、壁紙、PSブラシ、PSパターン、PSスタイルなどのデータもダウンロードできます。

DWG models

DWG models
建築デザインなどの他にも、人物や重機などのAutoCADファイルが常に用意されています。一部有料で提供されているデータは、車種などが選べるなどより細かいニーズに答えています。オーソドックスな建築デザインや設計図を探す場合には役に立つサイトとなっています。このサイトでは、作業員・建設作業員などの、2Dcadデータがあります。

作業員 cad-data.com

作業員 cad-data.com
作業員 フリーCADデータがあります。検索から多数のアイテムを表示できます。安全書類等に使える作業員、作業手順書などの作業車に載せる作業員、足場組立作業時の作業員、タラップ昇降時の作業員、側面の工場内作業員、保護めがね着用の作業員、ガードマンと作業員など、作業足場など作業高さや広さをイメージ的に表現するために使います。


気に入ったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、まとめサイトからダウンロードしてください。
次のサイトでは、作業員・建設作業員のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
作業員・建設作業員、CADデータのまとめサイト


CADデータを活用して建設作業員の安全作業に寄与する

建設工事では、日々、多くの労働災害が起きています。
労働災害は、時として人の命まで奪ってしまうものとなります。

建設工事が、いかに、危険と隣り合わせの工事かということが、嫌でも実感させられます。
建設現場での事故をなくすためには、CADデータをうまく活用することが、とても効果的なのです。

これらの労働災害を防ぐためには、どうしたら良いのでしょうか。
ここでは、作業員が安全に作業できる環境作りに、CADデータを上手に活用する方法を紹介します。

1. ミスをしてしまう原因

建設現場での労働災害の多くは、人間による失敗やミスが原因で起こる「ヒューマンエラー」に起因します。
私たち人間は、ミスをしないよう意識しても、どうしてもミスをしてしまうものです。
ミスをしないためには、「ミスをなるべくなくすための仕組み作り」を行うしかありません。

2. 建設作業員の入った解りやすい施工図がミスを事前に防ぐ

1つの建設工事に関わる人はたくさんいます。
わかりにくい施工計画書では、作業員によって読み取る内容に差が出てしまいます。
作業の非効率化、労働災害につながってしまう可能性があります。

作業員によって読み取る内容に差が出ないためには、誰がみても理解できるような、施工計画書を作成する必要があります。

3. 建設作業員の安全を確保するCADデータの導入方法

ワードやエクセルで作成された施工計画書に、CADデータを挿入する方法は2つあります。

1つ目は、WMF形式で貼り付ける方法です。
CADファイルをWMF形式で保存し、ワードやエクセルに保存したファイルを選択して挿入します。

2つ目は、PDF形式で貼り付ける方法です。
PDFにファイルを開いて貼り付けたい図をコピーし、GIFやJPG形式で保存します。
その後、ワードやエクセルを開き、挿入から保存した画像を選択し挿入してください。
PDF変換ソフトは、インタネット上から無料で入手することができます。

建設作業員の安全を確保するためにも、CADデータをうまく活用して、わかりやすい施工計画書を作成しましょう


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする