美容室、チェア、シャンプー台 3Dcadデータのダウンロードが満載


ヘアサロンや美容室にかかせないカットチェアやカットスツール。実は、いろいろな種類があります。小回りの利く定番のベーシックタイプ以外に、足置きリングの付いているものや、チェア部分にくぼみのあるフィットタイプ、背もたれの付いているものなど、客層などに応じて揃えましょう。

美容室、チェア、シャンプー台のCADデータをひとつひとつ探すのは、たいへん時間と手間のかかる作業です。
そこで、このページでは、3Dcadデータのリンク集をまとめて紹介しています。
それではまず、CADデータのダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。



美容室、チェア、シャンプー台 3Dcadデータのダウンロード

SALON MARKET

SALON MARKET
中古理美容器具、オリジナル製品の販売、美容室・理容室のサロン開業・改装支援サービスを行っている会社です。レイアウト作成のページには、イメージ図から2D、3D図面を作成するサンプル画像や、CGシミュレーションによるカラーバリエーションなどが紹介されています。

cgtrader

cgtrader
VR・AR、3D印刷、コンピュータグラフィックス用の3Dモデルを購入できるサイトです。無料データも多数掲載されています。3Dプリントサービスも提供しています。美容室、シャンプー台、パイプ椅子、イス、机、デスク、応接セット、ベッド、オフィス家具などの、CADデータが紹介されています。

3D Warehouse

3D Warehouse
SketchUpで作成された3Dモデルが利用できるサイトです。素材はSketchUpに直接ダウンロードすることができます。モデルの共有にはGoogleアカウントでのサインインが必要になります。美容室、シャンプー台、椅子、パイプ椅子、テーブルセットなどの、CADデータがあります。

美容室、チェア、シャンプー台 3Dcadデータのダウンロード その2

CAD BLOKS free

CAD BLOKS free
2D、3DCADデータのダウンロードサイトです。無料データ、有料データのダウンロードや、自作のCADパーツを販売することもできます。美容室、チェア、シャンプー台、イス、机、応接セット、ベッド、オフィス家具などの、CADデータが揃っています。

Free 3D

Free 3D
このサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台などの、3Dcadデータが掲載されています。ゲームや映画のキャラクター、輸送機やドローンなど、他で探しにくい素材が見つかります。iPhoneガジェットやキャラクター、電子機器、車両などは最新版が比較的早くアップされます。一部会員登録が必要ですが、UIが分かりやすく、素材が探しやすいと評判が高いサイトです。

Grab CAD

Grab CAD
エンジニア、デザイナー、メーカー、技術系学生向けのオンラインコミュニティサイトです。3DCADデータが無料でダウンロードできます。生データがダウンロードできるので、モデリングの作成履歴が確認できるものもあります。シャンプー台などの、CADデータが掲載されています。


欲しかったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトから見つけてください。
次のサイトでは、美容室、チェア、シャンプー台のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
美容室、チェア、シャンプー台、CADデータのまとめサイト


美容室・美容院のチェアとシャンプー台のCADデータの活用について

美容室には、理美容院専用のチェアやシャンプー台が使われることが多いです。
もちろん、デザインや色合いはさまざまです。

素材は、水が飛んだり染料がついたりしても、すぐにさっと拭きとれるような牛革やナイロン素材、エナメル素材のものが多いです。

形状も、シャンプー台なら、シャンプーボウルと接続できるタイプのものや単体のものですが、基本的な形自体はそんなに変わりません。

他にも、チェアなら自動で高さが変わるものであったり、手動で高さを変えるものであったり、回して高さを調節するものであったりさまざまです。
目的自体は同じなので、形はだいたい似ています。

CADデータの実務に活かせる使い方


1. 設計時に注意したいこと

美容室や美容院の設計と、家具の配置を行う場合に注意したいのが、美容室の設置基準です。
美容室には、スペースの広さによって置くことができる、チェアやシャンプー台が決められています。

また、作業をする場所と、お客様と接する場所を仕切らなければならないという決まりもあり、営業許可を得るには、いくつかの条件をきちんとクリアしなければなりません。

クライアントの美容室にぴったりの、チェアやシャンプー台のCADデータを探してくるという作業は、骨が折れる作業になります。


2. 他の家具とのバランスも重要

美容院の限られたスペースの中に、チェアやシャンプー台をはじめ、スタイリングチェアやシャンプーチェア、パーマの機材など置くべきものはたくさんあります。

きちんと、営業の設置基準を満たさなければならないので、チェアやシャンプー台だけに気を取られているわけにもいきません。

坪数に応じたおおよその数も決まっているので、数と空きスペース、美容師の人数など考慮しなければならない項目はたくさんあります。

作業室の面積、接客スペースの面積、チェアやシャンプー台の大きさや、美容師の動線などを頭に入れながら設計図を起こしてみましょう。

また、この時に作った設計図は、そのまま保健所に持ち込まれて審査されます。
漏れのないように設置基準を改めて確認し、クライアントとも認識を同じにしておく必要があります。

クライアントの美容室に、適切なCADデータが見つからないときは、フリーのCADデータを使って、スケールを変えて配置するのもひとつの方法です。

保健所からの許可がかかっているので、確実に許可を得るための設計図が作れるように努めたいですね。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする