オフィス家具、事務椅子、事務机、オカムラ イラスト素材の探し方


会社で事業を進めていくうちに多くなっていくのが、請求書や領収書、契約書などの書類です。これらの書類をいかに整理するかで、仕事の効率が変わってきます。そこで便利なのが収納棚です。スチール製から木製のものまでいろいろな収納棚があるので、部屋の大きさなどを考えて選びましょう。

オフィス家具、事務椅子、事務机、オカムラのイラスト素材データをひとつひとつ探すのは、たいへん時間と手間のかかる作業です。
そこで、このページでは、イラスト素材のリンク集をまとめて紹介しています。
それではまず、イラスト素材のダウンロードサイトのリンク集を紹介しましょう。



オフィス家具、事務椅子、事務机 イラスト素材の探し方

Vecteezy

Vecteezy

ベクター素材専門のダウンロードサイトです。ユーザーが投稿する形式のコミュニティサイトですが、プレミアム素材としてVecteezyが提供している素材もあります。事務椅子、事務机、応接セット、ベッド、パイプ椅子などの、イラストがダウンロードできます。

Adobe Stock

Adobe Stock

Adobeが運営している、ストックフォトサービスです。PhotoshopなどのAdobe製品と連携しており、Adobe Creative Cloudから直接画像を購入、使用できます。事務椅子、事務机、シャンプー台、デスク、ソファなどの、イラストデータがダウンロードできます。

getty images

getty images

ロイヤリティフリー素材、ストックフォト、クリエイティブ向けライツマネージ素材などがダウンロードできるサイトです。定額使用、まとめ買い割引などのサービスがあります。オフィス家具、事務椅子、事務机などの、イラスト・写真データが利用可能です。

オフィス家具、事務椅子、事務机 イラスト素材の探し方 その2

iStock

iStock

商用利用可能なストック画像、イラスト、ビデオ、フラッシュファイルなどの素材が購入できるサイトです。アカウント登録すると週に一度、無料画像、無料イラスト、無料動画のプレゼントが受けられます。オフィス家具、事務椅子、デスクなどの、イラストデータがあります。

123RF

123RF

CADデータ、写真、イラスト、音楽素材などをダウンロードできるサイトです。123RF Editorを使用して文字入れや色味の調整など、素材を加工することもできます。オフィス家具、パイプ椅子、ベッド、応接セットなどの、イラストデータがダウンロードできます。

会議テーブル イラスト Google

会議テーブル イラスト Google

会議テーブルの素材、イラストが、見れます。長方形のテーブルは、通常の打合せや会議で最も人気があります。一般的に一人に必要な横幅が60センチであり、4名以下での打合せや会議が多いのであれば、横幅120センチはあったほうが圧迫感なく使用することができます。


気に入ったCADデータは見つかりましたでしょうか。
データが見つからなかった方は、リンク集のまとめサイトを活用してください。
次のサイトでは、オフィス家具、事務椅子、事務机のCADデータのリンク集をまとめて紹介しています。
オフィス家具、事務椅子、事務机、CADデータのまとめサイト


オフィス家具や事務椅子、事務机のcadデータを作るBIMモデルって何?

オフィス家具といえば、伝票の入力で使う「事務椅子」やパソコンなどを置く「事務机」をイメージしますよね。

オフィス家具の設計には「BIMモデル(ビルディング・インフォメーション・モデリング)」を使うことで、リアリティーのあるオフィスの設計図ができます。

例えば、設計士・メーカー・設備関係者で話すときに「事務椅子の場所」や「外からの光を注ぐ会議室にする」といった情報の共有もできるのです。

BIMモデルは、「病院のベッド」「学校の教室」「研究所のオフィス」などの設計にも使われています。


オフィス家具の設計に欠かせない「BIMモデル」とは

オフィス家具・事務椅子・事務机を図面は、BIMモデルも使われています。
しかし、一般的なcadとの違いが分からない方もいます。


ここでは、BIMモデルとcadの違いや、利用する3つのcadをご紹介します。


BIMモデルと3dcadの違いは?

BIMモデルと3dcadの違いは、修正のしやすさです。
3dcadでは、2dcadの設計図を操作するため、修正するだけでも時間がかかります。

BIMモデルは、部分的に修正もできます。
ジグソーパズルのピースを変えるようなツールではないでしょうか。

そのため、BIMモデルに対応したcadを使えば「キャスターの色を黒から白にする」といった修正も簡単です。

手直しのしやすいでは、3dcadよりもBIMモデルが優れているのではないでしょうか。


【 BIMモデルが使える3つのcad 】

オフィス家具・事務椅子・事務机などをBIMモデルで作成するには、専用のcadが必要です。
名前が知られているAutoCADを作ったオートデスク社の「Revit」や、日本のNYKシステムが作った「Rebro」といったツールがあります。

1. Revit
Revitは、立体で作られた設計図や文章作成のできるツールです。
2dcad~3dcadのテンプレートがあり、設計図を作成する時間を短くできます。

海外でも使われるcadのため、外国人のスタッフとコミュニケーションを取りやすいのではないでしょうか。

2. Rebro
Rebroは、株式会社NYKシステムが開発したcadです。
企業のBIMモデルを使ったプロジェクトでも使われているため、仕事でBIMモデルを使いたい人におすすめです。

また、1つのcadデータから平面図などを取り出したり、修正したデータをすぐに反映できるのも魅力です。

3. ArchiCAD
ArchiCADは、ハンガリーのグラフィソフトジャパン株式会社が開発したcadです。
30年の実績のある商品で、企画から設計を立体にできます。
自由なデザインができるため、オリジナルの設計書を作りたい人におすすめです。

BIMモデルバージョンのグーグルドライブである「BIMCloud(旧BIMServer)」やクライアントとのプレゼンテーションに役立つ「BIMx」も使えます。


◇ よく読まれている関連記事と広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする